ラピエルを敏感肌の方が使うとどうなる?

ラピエル敏感肌

お肌の潤いとハリをアップさせる美容液としてラピエルは人気の商品ですが、敏感肌でも使用できるのか?気になっている人も多いと思います。

顔を洗ったあとや化粧をしたあとなど、普通の人より肌が過剰に反応して、痒くなったり赤くなったりといった症状が敏感肌の例ですが、ラピエルはそんな敏感肌の人でも、使用しても大丈夫なのか?説明したいと思います。

水分が失われた乾いた肌はバリア機能が失われていて、ちょっとした刺激でも敏感に反応してしまいます。
そのため、洗顔後や新しい化粧品に変えたりしたときなどに、ピリピリとした痛みや肌荒れなどの異常を感じることも。

肌が敏感に反応してしまう原因としては、肌内部の角質層の水分が不足して、カサカサに乾燥しているからで、乾燥した肌は外部からのちょっとした刺激でも過敏に反応してしまいます。

この敏感肌を改善するには、

・正しいスキンケアを行う
・規則正しい生活習慣や食事を心がける


などが大切です。

クレンジングは刺激の少ないものを選んだり、洗顔も良く泡立てて洗い、すすぎ残しがないようにしっかりと落とすこと。
そして、お肌をちゃんと保湿するといった正しいスキンケアを行うことで、敏感肌の改善へと向かいます。

ほかにも規則正しい生活習慣や食事をすることは、健康面にはもちろんのことですが、正常なお肌を作るためにも必要です。
しっかりと栄養を摂り休息することで、敏感肌の回復を促すことにもなります。

ラピエルには敏感肌でも問題なく使えたといった多数の口コミもありますし、敏感肌の原因となる乾燥を防ぐように保湿には定評があります。

保湿成分もセラミドをはじめ、プラセンタエキス、カタツムリ分泌液、ローズ水といったお肌に潤いを与える様々な成分を配合しています。

最初にもいったように敏感肌とは、お肌の水分量が低下しているために、肌のバリア機能が失われ、外部からの刺激を受けやすくなった状態のことをいいます。

なので、いろんな保湿成分が配合されたラピエルはうってつけというわけですね。

カサカサ知らずのもっちり肌へ、保湿力抜群のラピエルで敏感肌から解放されてみませんか?